2021 第9回 ニコニコ科学広場

「おもしろ電池をつくろう」

                指導者  秦 明徳   秦 澄江

                    1月 8日  ニコニコ交流館にて

子どもの感想と活動の様子

・人間にも電気が通るということが分かりました。自分の身近なものを使っても電池になることが分かりました。

・人間電池という電池があるとは思いませんでした。知らない電池があっ たし、いろいろ実験して楽しかったです。

・今日作った電池はすべて初めて知った。人間電池はやったことがなかったのでわくわくした。とても楽しかった。

・電池はふつうのかん電池だけでなく、野菜や炭、人間などを使ってもできることを今までは知りませんでした。おもしろかったです。

2つの金属に塩水や野菜や人間をはさむと電池になってメロディがなったのですごかったです。

 

1円と10円の間に塩水の紙をはさめば電池になるし、レモンや野菜を使っても電池になってびっくりしました。楽しかったし、いろいろなことが分かってよかったです。