2021 第6回 ニコニコ科学広場

「空気のびっくりパワー」

           指導者  宮下 健太   園山 裕之

子どもの感想と活動の様子(写真)

・水のミサイルがとても飛んで楽しかった。発射台を買ってやってみたい。

・空気ロケットが最初は全然飛ばなかったけど、少し工夫をしたら、最後はロケットの先のゴムがつぶれるくらいよく飛んだのでうれしかったです。

・空気の葉重さがあるということが分かってよかったです。空気がどんどん縮んでいくとロケットが飛ぶということが分かってよかったです。

・空気を閉じ込めて測ると重さがあることにびっくりしたし、ペットボトルロケットが遠くに飛んでうれしかったです。

・空気に押されてポンと飛んだり、空気って意外と強いことが分かりました。

・空気はロケットを飛ばせるほどの力を持っていると分かりました。

・空気は見えないけどとても力があるんだなと思いました。そして僕たちの役に立っているんだなと思いました。

・水を使ったり空気で遊んだりしてびしょびしょになったけど楽しかったです。

・空気は見えないけどものすごく大きい力があることが分かった。ペットボトルロケットは空気のない宇宙ではできないと思う。

・ロケットが空高く飛んで「今、空気が出ていっているんだなあ」と思いました。

・空気と水がふき出るだけでロケットがあんなに飛ぶなんてびっくりです。

・空気のもどろうとする力で物は進むということが分かった。

 

・空気はふだんふつうにあるものだと思っていたけど、今日実験をして、空気はすごいなと思いました。