2021 第3回 わくわくサイエンスクラブ

「生活の中の酸とアルカリ」

            雲南・奥出雲教室  豪雨災害のため中止

            松江教室      7月24日

 

               指導者  秦 明徳  秦 澄江

子どもの振り返りと活動の様子

 

今日の活動で楽しかったことやおどろいたことはなんですか?

紫イモの液を入れると、水溶液ごとに色が変化して驚いた。

・紫イモの汁を入れると、その性質をもったものに色が変化して出てくることに驚いた。

・紫イモを試験管に入れて色の変化を見たり、酸性かアルカリ性かを予想したり、強い方から弱い方まで比べてみたりするのが楽しかった。

・水溶液には、アルカリ性や中性・酸性などいろいろな性質があって驚いた。

・アルカリ性のものがたんぱく質を溶かす働きがあることを知って一番驚いた。

・今日の勉強を生かして2色のパンを作ったので楽しかった。

 

・レモンを入れた生地と入れていない生地で、色のちがうパンができたので驚いた。

 

 

今日の活動を通して不思議に思ったことや、もっと知りたい・やってみたいと思ったことはどんなことですか?

・紫イモの液を入れて、こんなに水溶液がいろんな色に変わるなら、他の物質でも何か色を変わらせたり変わったりするものがあるかもしれない。

・今日は紫イモで調べたけど、紫イモと同じような指示薬の性質をもっているもので調べてみたい。

2色パンは別の色も作れるのかな?

・酸性とアルカリ性でいろいろな色があったので、酸とアルカリをもっと強くするともっともっと色が増えていくのかなと思った。

・今回は中性のものを知ることができなかったので、中世の働きや中性のものを知りたかった。

・酸性のものにアルカリ性のものを混ぜると中性になるのかな?

・石けんをいつも使っているけど、やりすぎるとタンパク質がとけてしまわないのかな。

 

・夏休みの実験でいろんな液に紫イモの汁を入れて、酸性かアルカリ性なのか調べてみたい。

 

今日の活動で大切だと感じたことや学んでよかったと思うことはどんなことですか?

・いろいろなものに紫イモの汁を混ぜて色の変化を見てみたいと思った。

・紫イモの指示薬を使ったら、色が変わって、水溶液の性質(酸性・中性・アルカリ性)が分かるということを学んでよかった。

・食べ物などに含まれている酸やアルカリの働きがとても分かったので、学んでよかったと思った。

・間違えて強アルカリ性や強酸性を飲んだらいけないなあと思った。

・酸性とアルカリ性の特長や性質、どんな色をしているかを知っておくことが大切だと思った。

・今日勉強して、どういうものが「酸性・アルカリ性なのか」「弱か強か」の見分け方や種類が分かってよかった。

・水溶液を酸性やアルカリ性や中性に分ける予想をするとき、わからないところがあったけど、みんなと話し合って分かったのでよかった。

・酸性やアルカリ性のものは、生活の中でいろんなことに使われていることが分かった。

 

・ケーキでデコレーションをするときは、紫イモの汁を入れてみたい。