2021 第2回 ニコニコ科学広場

野外学習「宍道湖の生き物をさぐろう」

                    指導者 戸田顕史  桑原正樹

                     6月12日  西浜佐陀  宍道湖畔にて

 この日は天候を心していましたが、曇り空でしたが雨は降らず楽しい活動をすることができました。ハゼなどの魚やエビ、カニ、貝などたくさんの生き物を見つけることができました。保護者の方にもたくさん参加していただき、安全に活動することができました。

ありがとうございました。

一口感想と活動の様子

・エビ、シジミ、魚などが取れてよかったです。

・宍道湖にいるカニや魚や貝の種類や名前が分かったし、シジミの動き方が分かってよかった。

・宍道湖にはいろんな生き物がいて、ぼくが思っているより種類が多くてびっくりしました。

・エビとカニしかとれなかったけど楽しかった。

・宍道湖には魚のほかにエビがいるんだと思ったし、シジミは動くんだとは知らなかったからすごいと思いました。

・魚は岩の間やかげにいました。エビのひげが長いのがすごかったです

・エビの特徴が分かってよかったです。

・エビでもいろんな種類があってびっくりしました。透明のエビを見たのは初めてです。

・宍道湖の岸の近くにはエビやシジミ、小さな魚がいました。次は、もっと深いところの生き物を見つけてみたいです。

・生き物を探すときに、前はいないと思って見落としていたけど、いるところを先生に教えてもらって、小さな生き物も見つけることができてよかったです。

・見たこともない生き物や水草が見られたり、つかまえられたりできて楽しかったです。

 

・宍道湖にはたくさんの生き物がいると分かりました。そのたくさんの生き物を守りたいです。