2019年度 第4回 ニコニコ科学広場

「光のいたずら」

             指導者  秦 明徳  秦 澄江

                  8月10日   ニコニコ交流館にて

子どもの様子

一口感想

 ・虫めがねで太陽を黒い紙にあてたら紙がやけてあながあいたのでうれしかった。

 ・紙をもやしたりいろいろなことができてよかった。

 ・小さい虫まがねが大きい虫めがねよりおそくやけるなんてびっくりした。

 ・カメラを作ったり紙をもやしたりいろいろ勉強して楽しかった。

 ・黒い紙は虫めがねの小さい光になるともえるのがよくわかった。

 ・黒い紙にあなをあけるには、日光が集まらないとできないことが分かった。

 ・外に出たり作ったりしたのが楽しかった。とくに火がついたのが楽しかった。

 ・レンズカメラがカラーですごかった。

・カメラで見たら、はんたいにうつっていたのでとてもびっくりした。

・カメラは上下も左右もはんたいだったのがすごかった。

・レンズのことや光のことをわかりやすく説明してくれていろいろなことがわかった。

・レンズカメラでよく見えてうれしかった。

・最後のレンズカメラでくっせつを利用するとよく見えてすごかった。

・カメラにさかさにうつっているのにちゃんと見えるのは、脳のはたらきだとわかってよ

 かった。

 ・いろんなカメラを作って、外でもじっけんして楽しかった。

 ・学校でやったことをふく習できてよかった。

 ・光は紙をやいたり、光はカメラになったりしておもしろかった。