H30年度 第7回 わくわくサイエンスクラブ

空気のある世界 空気のない世界」

                      指導者   秦 明徳   秦 澄江

                   雲南・奥出雲教室   11月17日

                   松江教室       11月24日

 身の周りにある空気は知っているようで知らないことがいっぱいあります。「石や本などと同じように、空気にもは体積があるのかな?空気には重さがあるのかな?」そんな素朴な疑問をひとつひとつ実験によって解き明かしていく学習でした。

 子ども達はこの学習で驚いたことがいくつかあったようです。大気圧の大きさ、また、空気がうすくなった時の風船 音 風 沸点などの変化は、実験の結果が信じられない様子でした。

 今まで空気についてほとんど意識したことがなかったのに、この学習は空気の存在のすごさについて改めて意識した学習だったようです。

 子ども達の振り返りの中にその様子が書いてありますのでお読みください。

 

子どもの振り返りから

今日の活動で新しく分かったことやできたことはなんですか?

 

・空気にも重さがあることを知って驚いた。

 ・空気の力がすごくあることが分かった。

 ・空気の力はとても強い力があることや、面積(体積)を増やせば空気の力も強

 くなることを知った。

・ドラム缶の中の空気をぬいたらドラム缶がぺちゃんこになってびっくりした。

・空気がないと音は聞こえなくなることが分かった。

・空気をなくすと水が20度で沸騰したのでびっくりした。空気を薄くすると水

 の沸騰する

 温度が変わることが分かった。

 ・空気がないとマシュマロが膨らんだりお菓子の袋がふくれて破れたりして面白

 かった。

 

 もっと知りたいことややってみたいことは、どんなことですか?

 ・グラスに水を入れてふたをして逆さまにしてもこぼれない実験で、ふたの種類

 を変えてやったり、水の量を減らしたりして試してみたい。

 20度で沸騰していたのに熱くないのはどうしてか知りたい。

 ・山に登ってどんなご飯が作れるかやってみたい。

 ・水を満たしたワイングラスに空気が入らないようにふたをし、逆さにしたもの

 にペット

 ボトルをつりさげる実験は、最高どのくらいまでつりさげることができるか

 やってみた

 い。

・なぜ人体は大丈夫なのにドラム缶は空気の力でぺちゃんこになるのか知りた

 い。

・逆に空気を増やして高圧にしたらどうなるかやってみたい。

 

この活動で考えたことや思ったことはなんですか?

・空気はすごい力を持っていることが分かった。

・この部屋はすごく重い空気があることが分かってびっくりした。

・日常でいろいろな所に空気があるけど、とても強い力ですごいなと思った。

・水を入れたグラスに紙のふたをして逆さにしても水が落ちないのは空気が押し 

 ているからだということが分かって驚いた。

 ・空気の押す力は10キロ以上のすごく重い水とつりあったのですごい力がか

 かっているこ

 とが分かってびっくりした

・ドラム缶の実験でドラム缶が一瞬でつぶれたから深海ならもっとつぶれるのか

 なと思った。

・空気がないと風船やお菓子の袋が膨らんだので不思議だった。

・空気のない所では本当に音が聞こえなくなったり風が吹かなかったりしたのですごかっ

 た。

 ・空気がうすい世界では、水が30℃~40℃で沸騰したのが意外だった。

 ・山に登って、お湯を沸かしてみたりなど今日の実験をやってみたいと思った。

 ・空気のない世界を初めて見てびっくりした。

 ・空気のない世界は不思議だなと思った。

 ・とても面白い実験だったし、よく分かった。

 ・空気があるからみんなが生活できているんだなと思った。

 ・ふだんは何も感じないけど、空気圧が自分にかかっていることが分かった。

 ・空気は両方から圧力がかかっているから感じないけど、片方からだとすごい力

 がかかっているのでびっくりした。

・空気をなくしてみたらどうなるかは本などで知っていたけど、実際にやってみ

 たらとても不思議で楽しかった。

・いつもあまり空気のことについて考えてなかったので、新しいことも分かった

 のでおもしろかった。