H30年度 第5回 わくわくサイエンスクラブ

「紫外線を使った実験ともの作り」

                            指導者   栢野彰秀

                          雲南・奥出雲教室   9月15日

                          松江教室       9月22日

9月のわくわくサイエンスクラブが終わりました。
9月は栢野先生に「紫外線を使った実験ともの作り」というテーマで指導していただきました。
 紫外線とは日焼けする光線とは分かっていても、その正体はほとんど知らない子ども達でしたが、波長とエネルギーによる光の種類の説明を聞いたあと、紫外線で石の名前を予想したり、紫外線でプラスチックを固めてブローチになるような飾りを作ったり、紫外線ビーズをはめ込んだストラップを作ったり等楽しい活動となりました。

子どもの振り返り

今日の活動で新しく分かったことやできたことはなんですか?

 ・紫外線の強さにより3種類の名前があることが分かった。

 紫外線と赤外線は目には見えなくて、虹は日本では7色だけど、外国では5色や6色に

 見えるということが分かった。

・紫外線を当てて大まかな石の種類や名前が分かることが分かった。

・蛍石とか知っている石も紫外線にあんなに反応するとは思わなかった。

紫外線はいろいろな所にあって、波長が短い方がエネルギーが大きくて、波長が長い方

 がエネルギーが小さいことが分かった。

・紫外線の強さが分かった。

・太陽の紫外線はとても強いことが分かった。

・紫外線にはUVAUVBなどの種類があることが分かった。

・紫外線を当てると固まるプラスチックがあることが分かった。

 

もっと知りたいことややってみたいことは、どんなことですか?

・紫外線ビーズはどのくらい濃ゆくなるのか。

・電子レンジは光の範囲だとどこに入るのか。

・紫外線の打ち消し方が知りたい。

・他のいろいろな石でも紫外線を当ててみたい。

・紫外線を当てると光る石と光らない石の同じところと違うところが知りたい。

・もっと強い紫外線があるのか

1日の紫外線を測定して平均を出してみたい。

・雨の日にも紫外線は出ているのか、ストラップを使って確かめてみたい。

・紫外線はどんなところに使われているか調べてみたい。

・紫外線や赤外線は、どのような所で使われていてどれくらいの役割や力があるのか知り

 たい。

 ・紫外線にはどんなものが含まれているのだろうか。

 ・波長の事をもっと知りたい。

 ・ガンマ線とエックス線は同じ放射線だが何が違うのか。

 ・放射線についても知りたかった。

 ・赤外線カメラはどういう原理で暗くても見えているのか。

 

 この活動で考えたことや思ったことはなんですか?

・紫外線を当てると光る石があってびっくりした。

・なぜ石は光を出すものと出さないものがあるのか。

・紫外線ランプを当てた時に出る光の石(蛍光鉱物)は、色によって含まれているものが

 ちがうのかなと思った。

 ・紫外線で悪くなるものはどんなものだろう。

 ・紫外線は身近な所にあるけど、こんな効果があるとは思わなかった。

 ・太陽から遠い地球でもこんなに強い光を放つから、太陽の近くだとどんなに強いかなと

 思った。

・太陽の紫外線はとても強くて、毎日そんなものを浴びているのかと思った。

・紫外線に当たると危ないことが改めて分かった。

・太陽からそんなにたくさんの紫外線が出ているのはなぜか。

・紫外線はどうやって起きていて、赤外線はどのようにして発信したり受け取ったりして

 いるか。

 ・紫外線から出る光で電気を起こすことはできるのか。

 ・目に見えない光で変化するのは不思議だった。

 ・見えない物でもエネルギーがあって強さがあるのがおもしろいと思った。

 ・紫外線チェッカーで家の周りなどいろいろな所を調べようと思った。

 ・日焼け止めにはどんな成分が含まれているのかが知りたいと思った。

 ・紫外線を使って物つくりをしたり、光る石の事について分かったのでよかった。

 ・紫外線ビーズを使ったストラップを作ったので、みんなにその仕組みを教えたい。

 ・白い石に紫外線ランプを当てると赤やピンク色になったことがおもしろかった・紫外線ビーズでストラップなどが作れて楽しかった。